行政書士のお仕事とは?

行政書士ができること

行政書士のお仕事とは?

行政書士ってよく聞きますが、具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。


行政書士は、国家試験を受けて取得できる資格です。
主な仕事としては、個人が役所に提出する申請書類の作成と提出手続きの代行業務です。

 

現在、私達が役所に提出する書類は複雑で、書類に記載され使用されている言葉1つでも理解が困難な専門用語が並んでいます。


役所に行き、手続きをしようとしても専門用語が理解できなければ、どうすることもできません。
言葉1つが違っていただけでも、また再提出しなければならないということもよくあります。


そのため、申請する書類の記載、提出を行政書士が代理で行ってくれます。
何度も無駄なことをするより、報酬はかかりますが、短時間で確実に申請ができます。

 

具体的に行政書士が「仕事」としてできる範囲は、会社を設立するときの手続き業務、飲食店や商店の開業の申請の手続き業務、相続の手続き、内容証明郵便の作成、自動車関連の手続き、そして産業廃棄物許可関連の手続きの代理業務などです。


この他にも、役所に提出しなければならない多数の書類の作成の代理業務です。


このように手続きを代理するのが仕事となっているので、昔は「代書人」と呼ばれており、この呼び方の方が馴染(なじ)みがあるかもしれません。


よく街中で見かける看板に「○○公証人市場」などと書かれています。


行政書士が共同で何人かで事務所を持っているところです。

 


ホームへ戻る